Primary Menu

消費者金融審査

消費者金融審査

消費者金融とは、消費者(個人)に向けて行われる融資、また、その融資を行う業者のことを指します。

正規の消費者金融は、国か都道府県から認可を受けており、主に利息制限法に基づいて金利を設定し、取り立てなどの細かなルールは貸金業法によって制定されています。

ここでは、消費者金融について詳しく知りたいという方のために、消費者金融とは何かを徹底解説していきます。

消費者金融を利用する際には、しっかり知識をつけておかなければ思わぬトラブルに発展する可能性もあります。はじめての消費者金融で不安という方は、ぜひ参考にしてください。

また、業者ごとの特徴についても触れていくので、消費者金融選びに悩んでいる方もぜひご利用ください。

消費者金融の役割について

消費者金融という名の付く通り、消費者金融業者は主に消費者(個人)への融資をメイン事業としています。

今では消費者金融が世間に広まったため、誰でもお金が必要になればお金を借りることが出来ますが、消費者金融が誕生する前は、個人が金融機関からお金を借りるのは大変なことでした。

一部の銀行では、戦前から個人への小口融資も行っていましたが、審査が厳しくなかなか庶民が利用できるものではありませんでした。そのため、個人がお金を借りるとなれば、事業主や地主でない限り親戚や知人を頼るしかなかったのです。

そんな中、戦後の復興が進むにつれて、現在のSMBCコンシューマファイナンスの元となる三洋商事などが個人向け融資に乗り出し、新しい融資の形として、瞬く間に現在の消費者金融市場まで発展を遂げました。消費者金融の成長は、それだけ融資を求める消費者が多かった証明でもあります。

こうした経緯を見ると、消費者金融はお金に困っている個人を助ける重要な役割を担っていることが分かります。

しかし、あまりに消費者金融ビジネスが過熱するあまり、1980年代頃から多重債務者が続出し、消費者金融からの借金を苦に自殺してしまう方も現れました。

近年では、金利を定める法律の整備や、貸付額の上限を法律で制定するなど、個人を保護する動きが強くなり、2007年には177万人いた多重債務者も、現在では十分の一以下に数を減らしていますが、消費者金融は使い方を間違えると、人生を狂わせかねないので注意が必要です。

また、正規の消費者金融を装う「ヤミ金」も後を絶たず、消費者金融からお金を借りるには、より正しい知識を持っていることが求められています。

消費者金融とサラ金の違い

サラ金とは、「サラリーマン金融」を略したもので、現在の消費者金融との間に明確な違いはありません

一昔前までは、消費者金融という言葉は広まっておらず、「サラ金」や「街金」という呼び方が一般的でした。今でも40代よりも上の方は「サラ金」という呼び方をしている方も多くいらっしゃいます。

しかし、「サラ金」と聞くと何だか怪しいイメージを感じませんか?

一昔前の消費者金融業界は、金利が高く、取り立ても乱暴(一部違法)だったこともあり、良いイメージを持たれることはありませんでした。「サラ金」や「街金」などの呼び方には、その頃のイメージが根強く残っているようです。

大手消費者金融業者は、イメージ改善のため、テレビCMなどで「消費者金融」という呼び名を前面に押し出し、「サラ金」という呼び名からの脱却を図りました。

その結果、まるで消費者金融とサラ金が別物であるような錯覚を覚えるようになったのです。
また、「ヤミ金」と呼ばれる違法業者たちとも呼び名が似ていることからも、サラ金はイメージが悪くなっているのかもしれません。

サラ金についての詳しい解説は当サイト内にあるこちらの記事で紹介しています。もっと詳しくサラ金について知りたいという方はぜひご覧ください。
サラ金とは?審査の工程や銀行との違いを徹底解説!

消費者金融とヤミ金の違い

ヤミ金とは、国や都道府県からも認可を受けておらず、法外な金利での融資や取り立てを行う違法業者のことです。日本では、国や都道府県に登録されていない業者の融資は一切禁じられており、例え法定金利内であっても違法融資なので、返済義務もありません。

しかし、ヤミ金は暴力的な取り立てや嫌がらせを行い、一度お金を借りてしまうと、すべての財産を絞り取られてしまいます。お金を借りてしまって、相手がヤミ金だと気が付いた場合には、弁護士や警察に相談するしかありませんが、ヤミ金には関わらないことが一番なので、騙されないようにしましょう。

最近では、正規の消費者金融のふりをする「ソフト闇金」も増加しており、偽の貸金業者登録番号を用意するなど、素人目には見分けがつきにくくなっています。

大手消費者金融とは違って、知名度がそこまで高くない中小の消費者金融からお金を借りる際には、ヤミ金に騙されることがないように注意しましょう。

消費者金融にも大手と中小がある

消費者金融の中には、大手と呼ばれる4社と、その他の中小系に大きく分けることができます。

大手消費者金融は、テレビCMなどで見かけることが多く、知名度も高いのではないでしょうか。ここでは、大手消費者金融と呼ばれる4社の基本情報を紹介します。

業者名 利用者数(千) 店舗数 貸付残高(百万)
 プロミス 1,292 約1,140店 703,019
アコム  1,409 約1,244店 767,196
アイフル  – 約896店 298,025
モビット 317  181,271

大手消費者金融の中でも、アコムとプロミスは並んで規模が大きい消費者金融です。

プロミスはSMBCコンシューマファイナンスが運営しています。そのため、グループで合算すると、三井住友フィナンシャルグループが一番大きな消費者金融となります。

【主な中小消費者金融業者】

  • ノーローン
  • フタバ
  • フクホー
  • ダイレクトワンなど

上記の中小消費者金融は、知名度こそはないかも知れませんが、正規に国から認可を受けている消費者金融です。もちろん、貸金業法に基づいて融資や取り立てを行っているため、お金を借りたからといって、法外な利息が取られて、借金地獄に追い込まれるなんてこともありません。

しかし、中小消費者金融は、大手と比べて審査は通りやすいものの、金利は高い傾向にあるので、返済の利息も高くなります。
基本的に中小の消費者金融は、大手の審査に通らなかった方が利用するものと考えておきましょう。

ここからは、大手と中小を含めた消費者金融の一覧をご紹介します。

大手消費者金融一覧

プロミス
プロミス 金利 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
即日融資 ◎(※お申込みの時間帯により、当日中の融資ができない場合もあり)
限度額 500万円
こちらもCMでよく見かける方が多いと思います。4人のキャストが劇中劇で面白おかしく「プロミス」の特徴を体現する内容で、誰にでも使いやすいキャッシングとして力を入れています。初めて借入を利用される方なら30日間の無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)がついてくるので、お試しとしても申し込みやすいと言えます。初めて利用する方であれば誰でも利用できる30日の無利息期間と、ポイントを貯めていつでも利用できる無利息期間の二つが用意されています。
プロミスの詳細はこちらから

 

モビット
モビット 金利 年3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
即日融資
限度額 800万円
CMだけでなく駅・街中の広告・看板で見かける機会の多いモビット。最近になって限度額が500万円から800万円に増額され、それに応じて金利の下限が3.0%にまで下がりました。しかし注目すべきはそこだけではなく、WEB完結申込という心強いサービスもあります。最近では自動契約機の数もどんどん増えており、ローンカードがすぐに欲しい方にもおすすめのカードローンとなっています。
モビットの詳細はこちらから

 

アコム
アコム-234×60-201419 金利 年3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
即日融資
限度額 800万円
消費者金融で一番審査に通りやすいといえばアコムです。ネット申し込みや自動契約機「むじんくん」など、即日融資に対応している申し込み方法を多彩に用意しており、初めて利用する方には、最大30日間の無利息期間を用意するなどサービスも充実しています。耳に残りやすい軽快なCMも話題となっており、新規顧客の数もどんどん増えてきています。確実に消費者金融から借り入れしたい方には大変おすすめのキャッシングです。
アイフルの詳細はこちらから

大手以外のおすすめ消費者金融一覧

キャッシングのフタバ
キャッシングのフタバ-234x60-20160119 金利 年14.959%~17.950%
審査時間 最短即日
即日融資
限度額 50万円
大手消費者金融と比べると、露出度が低く知名度も低いですが、審査時間の早さには定評があります。ネットサービスも充実しており、ネットからの申し込みでは簡単な手続きだけで審査を終えることができます。限度額が50万円と低めに設定されているため、少額キャッシングを希望している方にぴったりの消費者金融です。上限金利も大手と比べても安いのでおすすめです。
キャッシングのフタバの詳細はこちらから

 

フクホー
フクホー 金利 年7.3%~18.0%
審査時間 最短即日
即日融資
限度額 200万円
フクホーは審査に通りやすい消費者金融として有名です。大手消費者金融でも50%を切ると言われる審査通過率ですが、フクホーでは約70%の人たちが審査に通っているというデータもあります。そのため、他社からすでに借り入れをしている方でも審査には通りやすいようです。来店することなく即日融資が受けられるというのも、急いでいる方には嬉しいサービスです。
フクホーの詳細はこちらから

 

ノーローン
ノーローン 金利 年4.9%~18.0%
審査時間 最短20分
即日融資
限度額 300万円
ノーローン最大の特徴は、完済するたびに適用される1週間の無利息期間です。通常の消費者金融であれば、一度しか無利息期間は適用されませんが、ノーローンであれば何度も利用することができます。また、審査時間も最短20分と非常に短く、即座に借り入れが出来るため便利です。
ノーローンの詳細はこちらから

消費者金融の金利や限度額について

パーセント消費者金融にも関することですが、キャッシング業界において審査や金利、限度額といった項目は必ずと言っていいほど比べられるものです。

例えば、あなたがインターネット上でとあるランキングサイトを開いたとしましょう。そのほとんどは各キャッシング会社の目に見える数字を載せているに違いありません。なぜならば、何かと比較しやすいのはやはり数字の部分だからです。

ではそれくらい違いがあるのかというと、実はそこまで大きな違いはありません。

銀行と消費者金融で比べるとまた話は変わってくるのですが、消費者金融間で見比べても数字に大きな違いはありません。おそらく大半の業者が「金利4.5%~18.0%」「限度額500万円」「最短30分審査結果表示!」という部分を満たしているからです。ランキングに載っているような業者は大手ですからどこも安定しています。なかにはモビットのように、消費者金融にも関わらず限度額800万円、金利3.0%~18.0%という業者もあります。

消費者金融の金利は変動金利制!

消費者金融の金利は変動金利制が採用されています。

変動金利制とは、限度額に応じて金利が変動していくシステムのことで、限度額が上がれば金利は下がるという反比例の関係にあります。

そのため、消費者金融のキャッシングやカードローンを利用する際には、利用しようと考えている限度額ではなく、申し込める限度額まで引き上げることがおすすめです。ただし、必要以上に借入をすると、当然返済が苦しくなるので注意しましょう。

消費者金融の無利息期間について

現在、大手消費者金融の大半が無利息期間サービスを行っています。

無利息期間中の借入では利息が発生しないため、安く返済を済ませたい方にはおすすめです。
各業者によって、無利息期間の詳細には違いがあるため、自分の返済プランに一番合った無利息期間を行っている業者を利用するといいでしょう。

アイフル

アイフルは従来無利息期間を行っていませんでしたが、2016年の3月から無利息期間をスタートさせました。

初めてアイフルを利用する方を対象に最大30日間無利息となっており、これまで力を入れていたサービス面だけでなく、利息の安さでも勝負できるようになりました。

プロミス

プロミスの無利息期間は二つ用意されており、初めての方を対象にした30日の無利息期間と、ポイントを貯めることで利用できる無利息期間があります。ポイントは身分証明書の提出や、毎回の返済などで貯めていくことが出来るため、長期的にプロミスからお金を借りようと考えている方にはおすすめです。

アコム

アコムの無利息期間も初めての利用者を対象にしていますが、返済期日を35日に設定することが求められます。

そのため、約定返済だけで完済しようとすれば、数日分の利息は確実に発生してしまいます。利息を支払いたくない場合は、約定日が来るまでに完済しておくといいでしょう。

銀行カードローンと消費者金融を比較

銀行カードローンは、近年利用者数をどんどん伸ばしているカードローンです。

消費者金融と比較して金利が安く限度額が高いためあらゆる用途に利用しやすいというメリットがあります。

また、貸金業法が定める総量規制にも対象外となっているため、消費者金融では貸し付けが出来ない年収のない主婦の方にも融資可能です。

審査時間も年々早くなっており、消費者金融と同様に即日融資にも対応しています。また、最近では自動契約機を設置する銀行も増えており、即日カード発行も出来る銀行カードローンも現れました。

ここでは、そんな銀行カードローンのスペックや審査情報を紹介していきます。

銀行カードローン一覧

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
三菱東京UFJ銀行カードローン-234-60-20141219 金利 年4.6%~14.6%
審査時間 最短30分
即日融資
限度額 500万円
三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」は、消費者金融並みに早い審査スピードが人気を呼んでいます。全国に設置されている自動契約機「テレビ窓口」からも申し込みが可能で、ネット申し込みからテレビ窓口からカードを発行することで、郵送を待つことなく即座にカード発行を行うことができます。
 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細はこちらから

 

三井住友銀行カードローン
234x60 金利 年4.0%~14.5%
審査時間 最短30分
即日融資
限度額 800万円
三井住友銀行カードローンは最短30分の審査で即日融資も行っており、グループ会社であるSMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」の自動契約機を利用してカード発行を行うことも出来ます。消費者金融のノウハウを持っているため、ネット申し込みからも即座に審査結果を知ることが出来ます。また、上限金利も14.5%と非常に安いため、利息を安くしたいという方にもおすすめのカードローンです。
三井住友銀行カードローンの詳細はこちらから

 

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン 金利 年3.0%~14.0%
審査時間 最短30分
即日融資
限度額 1000万円
みずほ銀行カードローンは、二つの金利プランが用意されており、エグゼクティブプランなら金利3.0%~7.0%と非常にお得です。また、銀行カードローンの審査に通るか不安という方でも、コンフォートプランであれば、安定した収入さえあれば審査には通りやすくなっています。限度額も1000万円まで設定できるため、おまとめローンなど幅広い用途に利用できる銀行カードローンといえます。
みずほ銀行カードローンの詳細はこちらから

消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

消費者金融と銀行カードローンには、金利や限度額に差があるほかに、貸金業と銀行という大きな違いもあります。

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいため、これまで信用情報に一切キズがついていない方など、審査の評価が高くなければ、なかなか審査には通らないでしょう。

消費者金融と銀行の金利の違い

消費者金融と銀行カードローンは金利が違うとよく言われます。

銀行カードローンの金利が大体3,0%~15,0%程度であるのに対し、消費者金融の金利は4,5%~18,0%と若干高めといえます。しかし、消費者金融には無利息期間があるため、短期の借入であれば断然安く返済を済ませることができます。

ただし、一年間を超える長期的な融資を希望している場合には、数%の金利差が非常に大きくなるため、銀行カードローンを利用した方がお得といえます。

両者の金利の差は、単純に資金の調達方法の違いが理由となっており、銀行から融資を受けている消費者金融は、銀行に利息をつけて返済しなくてはならないため、顧客への金利も数%高くなっているのです。

消費者金融の限度額は低い?

消費者金融の限度額は銀行と比較すると低めです。

大手消費者金融の多くが500万円と設定しているのに対し、銀行カードローンの中には1000万円まで対応している業者もあります。また、銀行は総量規制に関係なく借入が出来るため、年収が低い方でも多額の借入が可能です。

しかし、制度上は貸し出しが可能でも、実際の審査は厳しいため、1000万円まで借りるというのはなかなか難しいでしょう。

消費者金融と銀行は法律が違う

消費者金融と銀行では適用される法律が違います。

消費者金融は貸金業が事業のメインなので、貸金業法が適用されます。

貸金業法では法定金利が20%までと設定されていたり、年収に応じて限度額を制限する総量規制が設けられたりします。

一方、銀行は貸金業がメインではないため、銀行法が適用されるようになっており、総量規制に関係なく自由にお金を貸すことが可能なのです。そのため、専業主婦など収入のない方は、消費者金融からは原則的にお金を借りることが出来ませんが、銀行であれば審査に通ることが可能です。ただし、配偶者に安定した収入が必要なのでご注意ください。

信販系カードローンと消費者金融を比較

信販系カードローンとは、クレジットカーど会社や保証会社のカードローンのことで、消費者金融とも銀行とも違った第三のサービスです。一般的に消費金融よりも金利が低く、ポイントサービスなどが充実しているという特徴を持っています。ただし消費者金融をメイン商品としていないため、審査に通るためには一定の基準と時間が必要です。
知名度の高いクレジットカード会社のカードローンなどもあり、初めてお金を借りるという方でも安心して利用できると定評のある信販系カードローン。ここでは各カードローンのスペックと特徴を紹介します。

信販系カードローン一覧

三井住友カード「ゴールドローン」
三井住友カードゴールドローン 金利 年3.5%~9.8%
審査時間 最短30分
即日融資
限度額 700万円
三井住友カードの「ゴールドローン」は、金利が3.5%~9.8%と非常に安く、継続的に利用するだけで最大1.2%金利を引き下げることができます。ただし、審査には最低でも3営業日は必要となるため、時間に余裕をもって申し込みをする必要があります。三井住友銀行グループなので、初めてのカードローンで不安という方にもおすすめしています。
 三井住友カード「ゴールドローン」の詳細はこちらから

 

クレディセゾン「MONEY CARD」
MONEY CARD 金利 年15.0%
審査時間 最短30分
即日融資
限度額 100万円
クレディセゾンの「MONEY CARD」は、即日融資に対応している信販系カードローンで、審査時間も最短30分と消費者金融並みに安いのが特徴です。消費者金融であれば上限金利は18%程度ですが、MONEY CARDは上限金利15.0%と非常に安いのが特徴となっています。手軽でお得にお金を借りたい方にぴったりのカードローンです。
 クレディセゾン「MONEY CARD」の詳細はこちらから

 

Fマネーカード
Fmoney 金利 年4.4%~17.8%
審査時間 2週間程度
即日融資 ×
限度額 500万円
Fマネーカードは審査には2週間程度かかりますが、審査自体は通りやすいと定評があります。
また、Fマネーカードは提携するATMの数が多いのも特徴で、全国のコンビニや銀行のATMから借り入れと返済を行うことができます。月々の最低返済額も低く設定されているため、本当にお金に困っている時に頼りになるカードローンです。
 Fマネーカードの詳細はこちらから

スーツ姿の女性イラスト●チェックポイント
・審査時間について
・申込方法と審査の所要時間について
・消費者金融の審査通過率について
・申し込み方法について
・審査に通りやすくなるコツ
・即日融資を受けるためのコツ

審査時間について

時計結論から言うと上に挙げた消費者金融であれば、最短30分で審査結果のお知らせが連絡されます。
注意点としては「最短30分」なので、いつでも30分でキャッシングできると思っていると少し危険です。なぜならば、時間帯によって申し込みが混み合うこともあるからです。お昼休みや帰宅ラッシュの時間帯などは申し込みも盛んになることが予測されるので、その時間を避けて申し込むようにすると最短あるいはそれに近い所要時間で審査結果を知ることができますね。

また、最近では消費者金融だけでなく銀行でも審査時間が短くなっている傾向があります。
従来では即日融資のできなかった銀行も、現在では一部条件を満たすことでメガバンクを始め多くの銀行で即日お金を借りることができるようになっているので、普段用いているメインバンクのキャッシングサービスについて調べてみるのも良い借入先を見つける1つの手段です。

即日融資可能なカードローンについて詳しく知りたい方は、当サイト内のこちらの特集記事をご覧ください。即日融資可能なカードローンや、即日融資を受けるための条件など詳しく解説しているので、急いでいる方もぜひ一度目を通してみてください。
即日融資可能!審査が早いキャッシング業者TOP10

申込方法と審査の所要時間について

お札とパソコン現代は、インターネットで申し込みをすれば初めてであっても最短30分で審査結果が表示される世の中です。
ほんの10数年前までは電話や郵送での申し込みが主流でしたが、インターネットの爆発的な成長やパソコン・スマートフォンの普及によって現在ではインターネットでの申し込みが普通となりつつあります。ホームページのキャッシング用ページにアクセスすれば懇切丁寧に入力の仕方を説明してくれるので、インターネットに疎い方でもそこらへんの心配が不要です。

また、同様に審査にかかる時間も大幅に短縮されつつあります。
消費者金融のなかには未だに時間のかかるところこそあれど、翌営業日以降のキャッシングになるところはないと言っても過言ではありません。もちろんこのページをご覧になっている皆様には、サイトでご紹介している大手の業者を利用していただければそれをすぐに体験していただけます。

審査時間を早めるコツとは?

審査時間を早めるためには、一つの申し込み方法ではなく、複数の申し込み方法を併用するといいでしょう。
たとえば、ネット申し込みをした後は、本人の最終意思確認の電話が必要となりますが、待っていたのでは余計に時間を使ってしまいます。そのため、申し込みをした後は、こちらから電話をすることで待ち時間を短縮できるのです。
アイフルやモビットなどでは、急いでいる方専用ダイヤルを用意しているためおすすめです。
また、審査時間を直接早める方法ではありませんが、ネット申し込みをした際には、カードの受け取り方法を自動契約機と選択することをおすすめします。自動契約機ではその場でカードの発行を行うため、郵送を待つことなく手元にローンカードを受け取れます。

消費者金融の審査通過率について

大手消費者金融の審査通過率は軒並み50%を下回っています
アコムの審査通過率が40%後半と一番高く、他の消費者金融であれば40%前半になる場合もあります。
また、これらの審査通過率は、銀行グループに所属しているか、ノンバンク系かというのもポイントで、銀行系グループの消費者金融は審査が厳しくなる傾向にあります。
しかし、銀行カードローンであればもっと審査は厳しくなるため、審査に通るか不安という方は消費者金融を利用しておくといいでしょう。

消費者金融の審査通過率が低い理由とは?

消費者金融の審査通過率が低い理由としては、一度審査に落ちた人が複数の消費者金融へと申し込んでいることが挙げられます。中でも信用情報の評価が理由で審査に落ちた方は、他の業者でも審査結果は殆ど変らないため、業者を変えたからといって審査に通るのは難しいでしょう。
また、連続して複数の業者に申し込んでいる方は、「申し込みブラック」と呼ばれ、信用情報の評価を著しく下げている可能性もあります。キャッシングやカードローンの申し込み情報は半年間消えないため、一度審査に落ちた場合には、最低でも半年間期間を空けるといいでしょう。

申し込み方法について

大手消費者金融の申し込み方法は種類が多いので便利です。
中でも即日融資を希望している方には、ネット申し込みと即日融資がおすすめです。
モビットやプロミスではカードを発行せずに、ネットだけで申し込みから借入まで終わらせることができる、WEB完結の申し込みが人気を呼んでおり、家から一歩も出ることなく申し込みを終わらせることが可能です。

ネット申し込み

大手消費者金融であれば公式サイトから申し込みが可能です。
申し込みフォームに必要な情報を入力することで審査を行うことができます。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 収入情報
  • 勤務情報
  • 借り入れ情報

主に必要な情報は上記の通りで、その他に必要書類を提出することで審査が行われます。
必要な書類は、業者によってはWEB上のアップロードで済ませられるため、郵送を待つことなく即日融資も受けられます。

自動契約機

消費者金融の申し込みの特徴といえば、自動契約機が全国各地に設置されていることです。
自動契約機で申し込むとカードがその場で発行されるというのが最大のメリットで、すぐにローンカードが手元に欲しい方におすすめの申し込み方法です。
大手消費者金融であれば近くに一台は自動契約機が設置されているので、すぐに現金が欲しい方などは公式サイトをチェックしてみるといいでしょう。

審査に通りやすくなるコツ

消費者金融だからといって誰でも審査に通るわけではありません。各業者が公表しているデータによると約半数以上が審査に落ちています。
しかし、いくつかのコツを知っておくことで、審査に通過する確率をアップさせることも可能です。

申し込み情報の評価を上げるには?

審査の前の申し込みで評価を下げないためには、正確な情報を入力するようにしましょう。
消費者金融では氏名や住所をもとに信用情報の問い合わせを行うため、申請した情報に誤りがあれば、正しく審査が行われず、業者からの信頼も失ってしまいます。そのため、引っ越したばかりの方などは、身分証明書に不備がないか事前に確認しておきましょう。
また、他社からの借入状況も、申し込みの際には申請する必要がありますが、審査に通りたいからと虚偽の申請をするのはやめましょう。借入情報は信用情報機関を通して共有されているため、虚偽の申請をした場合にはすぐにばれてしまいます。逆に正確な借入情報を入力することで、現在の債務をしっかりと把握していると評価を受けることが出来るのです。
消費者金融への申し込みでは、申し込み情報に誤りがないか確認を徹底しましょう。

信用情報を確認しておこう!

消費者金融の審査では必ず信用情報が見られるようになっています。
信用情報には過去のローンや借金に関する情報が記載されており、過去に重度な返済遅延や踏み倒し、任意整理や自己破産などの債務整理を行っている場合には、事故情報として信用情報に記録されるようになっています。
しかし、中には身に覚えがないのに、返済の遅延などの事故情報が登録されている方もいます。
信用情報機関のミスによって登録された情報であれば、申し立てることで事故情報を抹消出来るため、何度も審査に落ちて悩んでいる方は、一度自身の信用情報を確認してみるといいでしょう。

即日融資を受けるためのコツ

最後に急いでお金を借りたい方のために、即日融資を確実に受けるためのコツを紹介します。
消費者金融は審査が最短30分で終わるため、申し込んだ日のうちに借り入れもできますが、場合によっては審査や融資が翌営業日に持ち越される可能性もあるので注意しましょう。

必要書類は前もって準備しておこう!

即日融資を受けるには、一刻も早く申し込みを終わらせる必要があります。そのため必要書類は前もって用意しておくようにしましょう。基本的に消費者金融であれば身分証明書だけ提出すれば審査は受けられますが、条件によっては別途書類を用意しなくてはいけない場合もあります。

必要な書類 認められるもの 必要となる条件
身分証明書 運転免許証・健康保険証・パスポート 申し込み時に必要
収入証明書 給与明細・源泉徴収票・課税証明書 借り入れ総額が自社50万、
他社含めて50万円を超えた場合
永住権証明書 在留カード・特別永住者証明書 外国籍の方が申し込む場合
公共料金明細 ガス・電気・水道代の明細書 身分証明書と現住所が違う場合

消費者金融では貸金業法によって、借入限度額が一定以上の場合、収入証明書の提出が義務付けられています。一つの会社で50万円、他社含めて100万円を超える場合は、前もって収入証明書を用意しておきましょう。なお、銀行カードローンからの借金は貸金業法の対象ではないのでカウントされません。
また急いで融資を受けたいときには、収入証明書不要のカードローンがおすすめです。当サイトの中でも収入証明書不要のカードローンを紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。
収入証明書不要で審査に通る方法【カードローン・クレジットカード・賃貸】

申し込み情報は正確に記入すること

即日融資を受ける際に一番避けたいのが、審査に落ちてしまうことです。無駄な時間を費やすだけなので、消費者金融に申し込む際には確実に審査には通るようにしましょう。そこで気をつけたいのが申し込み情報です。消費者金融の審査は申し込み情報を基に行われるので、記入に誤りがあると心証をかなり悪くしてしまいます
現住所と身分証明書に書かれている住所が一致しているかなど、申し込み前に確認しておきましょう。

他社借入額で嘘をついてもすぐにばれるので注意!

消費者金融の申し込みでは、他社からの借入額も申告します。すでに他社からの借金を抱えている方は、審査に通りたいからとつい少なめに借金を申告してしまいがちですが、確実にばれるのでやめておきましょう
消費者金融は信用情報機関を通して、他社からの借入額は正確に把握しています。他社借入額で嘘をつくと印象はかなり悪くなるので、正確な借入額を入力するようにしましょう。

希望限度額は少なめに申し込もう!

消費者金融では希望借入限度額が高ければ高いほど審査は厳しくなります。審査にも時間がかかってしまう可能性があるので、即日融資を受けたい方は必要最低限の限度額で申し込むようにしましょう。限度額は継続的に利用していれば、半年程度で増額することができるので、更に借りたい方は増額審査を受けるといいでしょう。

即日融資に対応している時間を調べよう

消費者金融によって即日融資に対応できる時間は異なります。大手消費者金融であれば夕方以降や土日でも対応していますが、時間帯は微妙に異なるので確認しておきましょう。

業者名 平日 土日
プロミス 9:00~21:00 9:00~21:00
アイフル 8:00~21:30 8:00~21:30
アコム 9:00~21:00 9:00~21:00
モビット 9:00~20:30 9:00~20:30

上記の時間帯までに申し込みを終わらせなければ、即日融資を受けることは難しいでしょう。また振込融資を希望する場合、銀行の営業時間15:00以降を過ぎると、翌営業日以降しか振込できないため気をつけましょう。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている方であれば、プロミスの「瞬フリサービス」で、24時間いつでも振込融資を受けることができます。

即日融資はネットと自動契約機どちらがいい?

ネット申し込みと自動契約機では、どちらが審査は早いのかという質問が多いのでお答えします。
結論から言うと審査時間自体は両者変わりはありません。両方ともネット通信で情報をやり取りするので、大きく時間が異なることはありません。そのため希望する借入方法によっておすすめは変わります。
振込融資を希望している方は、わざわざ自動契約機まで出向かずに、自宅でネット申し込みから即日融資を受けた方がいいでしょう。ローンカードを使ってATMから借り入れたい方は、自動契約機でカードを発行した方が早いです。申し込み方法はどうやってお金を借りたいかで選択するといいでしょう。

自動契約機の方が優先的に処理される?

自動契約機で申し込んだ場合、審査結果が出るまでブースの中から出られないので、優先的に審査が行われるという噂があります。確かに申し込みが混雑した際には、業者によってそういった判断がされるかもしれません。しかし審査には必ず最短でも30分かかるので、自動契約機だから審査が早く終わることはありません。
確実に即日融資を受けたい方は、申し込み方法で悩むよりも、早めに申し込みを終わらせておくことが一番です。